七五三のお祝いを贈る時期と相場!事前の打ち合わせもおすすめ

可愛い甥や姪の七五三が近づくと、お祝いをどうしようか、何がいいのか、相場はどんなものか、いろいろと気になりますね。

「多すぎるのも気を遣うし、少なすぎるのも失礼だし」
「いつごろお祝いを贈ったらいいのかな?」

など悩みますね。

そんな方に、お祝いを贈るベストな時期や、お祝いの一般的な相場などを詳しく紹介します。

甥や姪のハレの日をお祝いしたいというあなたの気持ちを、しっかりと受け取ってもらえるように、コツをお伝えします。

七五三のお祝いを渡す時期

七五三のお祝いは、10月末から11月8日頃までに渡すのがベストです。

お祝いを渡す相手が近くの方なら、直接届けに行くのがいいですね。

お祝いの品が届くのも嬉しいですが、実際に顔を見てお祝いを言う、その気持ちが嬉しいです。

遠方であれば、手紙やカードにメッセージを添えて贈りましょう。

せっかくのお祝いです。遅くに届くよりも、早めに届くほうが相手も気持ちが盛り上がって嬉しいですね。

七五三のお祝いの相場

成長をお祝いする七五三ですから、お祝いも弾みたいものです。

立場によって相場も違ってくるの、一般的な相場を紹介します。

・友人・知人の子ども  3000~5000円
・甥、姪などの親戚   5000~10000円
・孫          10000~30000円

親戚と言っても、どこまでの親戚か悩みますね。

自分から三等親までの間柄の親戚に贈ることが多いようです。

ですが、関係は遠くてもご近所でお世話になっているなど、お祝いしたい気持ちがあればしてもいいでしょう。

逆もありですね。

現金でのお祝いが無難ですが、気軽な関係なら図書カードや子どもが好きなものでも構いません。

これでないといけない、という決まりはないので、目安としての相場と考えてください。

事前の打ち合わせもおすすめ

複数の親戚でお祝いをする時は、身内で金額などを相談しておくのもいいですね。

品物が重なることも防げます。

地域によってお祝いの習慣が違うこともあります。

私の実家は地味ですが、婚家は万事派手目で、金銭的に苦しい時もあります。

表書きのマナー

七五三のお祝いの祝儀袋は、「のし付き」「紅白蝶結び」の水引きを使いましょう。

毛筆で「御祝」「七五三御祝」と書きます。筆ペンでもいいですね。

正式な表書きは、年齢によって違います。

[box class="box13"]
・3歳 賀御髪置(おんかみおきをがす)御髪置御祝(おんかみおきおいわい)
・5歳 袴着祝(はかまぎいわい)御袴着御祝(おんはかまぎおいわい)
・7歳 賀御帯解(おんおびときをがす)御帯解御祝(おんおびときおいわい)
[/box]
その意味は
[box class="box12"]
3歳 髪を伸ばし始める時期
5歳 着物から袴を着るようになる時期
7歳 紐から帯を使いはじめる時期
まで成長したことをお祝いする意味です。
[/box]

七五三は成長に応じたお祝いです。

その由来を子どもに説明しながら、お祝いを渡すのもいいですね。一生に一度しかないお祝いです。

日本の伝統についても教えてあげましょう。

まとめ

七五三の日、すまし顔で着慣れない晴れ着を着て緊張気味の甥っ子や姪っ子を見るのも可愛いものです。

我が子とは違った可愛さがありますね。

成長のお祝いに気持ちを込めて贈るのですから、すこし余裕を持って10月末から11月上旬にはお祝いを渡しましょう。

出産祝いの時は、先の事を考えて80cmの服を贈ったのに、3歳の七五三ではもう100や110cmとは子供の成長は本当に早いですね。

「大きくなったね、おめでとう」の気持ちを込めて、七五三のお祝いをしましょう。

心に残る贈り物をしたいですね。

Copyright© 家族と子供と健康生活 , 2020 All Rights Reserved.