離乳食初期の旅行どうしよう?簡単レシピと旅行に便利なアイテム紹介!

離乳食

生後5カ月に入ったころから、離乳食をはじめる人も多いかと思います。

離乳食がはじまるにあたって、どんなものを作ればいいのか、何が必要なのか戸惑いますよね。
 
 
私もインターネットなどで、ひたすら調べていた記憶があります。

そこで今回は、離乳食初期のレシピや、旅行などの出先にあると便利なアイテムなどをご紹介したいと思います!

 
 

離乳食初期に卵黄で作れるレシピ!

卵黄で作れるレシピ

離乳食初期は固茹でした卵黄のみ食べさせることができます。
 
 
ただ卵はアレルギーが出やすいので、初めて食べさせる際は、ほんの少量にすることをおすすめします。

白身は特にアレルギーが出やすいので、離乳食初期にはあげないでくださいね!
 
 
それでは早速、卵黄を使ったレシピをご紹介します!

〈たまご粥〉

材料

・卵の黄身 1/2個

・お粥 適量

作り方

①まずは10分以上茹でて、固茹でのゆで卵を用意する。

②卵の黄身だけ取り出し、半分に切る。

③黄身をお粥にいれて、滑らかになるまで混ぜ合わせる。

シンプルでとても簡単なレシピです。

食べ慣れたお粥に入れるので、赤ちゃんも食べやすいと思います。
 
 
余ったゆで卵はサラダにいれたり、タルタルソースなどに活用したりしてください。

 
 

〈卵黄かぼちゃプリン〉

材料(2つ分)

・卵黄 卵1個分

・牛乳(粉ミルク) 40cc

・裏ごしかぼちゃ 大さじ1

作り方

①粉ミルクを使用する場合、先に作って粗熱を取っておく。

②裏ごししたかぼちゃと牛乳を滑らかになるまで混ぜ合わせる。

③溶きほぐした卵黄を②に加え、泡立たないように

優しく混ぜたら器に注ぐ。

④ ③をフライパンに並べ、容器の半分が浸かる位の水をいれ、蓋をする。そして中火で加熱する。

⑤水が沸騰してきたら弱火にして、7分程度加熱する。
 
 
もし加熱が足りないようなら、30秒ずつ加熱を延長してください!
 
 
砂糖を使わず、かぼちゃの甘みを利用したプリンなので、優しい味わいです。

加熱の際、蓋に布巾をしておくとキレイに仕上がります。

かぼちゃをさつまいもに変えてもおいしいですよ!

 
 

離乳食初期に必要なアイテム5選!

必要なアイテム5選

離乳食初期の赤ちゃんを連れて旅行に行く際、何を持っていけばいいのか、悩む人もいるかと思います。
 
 
そんなあなたに、旅行の際にあると役立つ離乳食アイテムをご紹介します!
 
 

・レトルトの離乳食

出先では、自分で作った離乳食を持ち歩くのは、なかなか難しいです。

そんな時に役立つのが、レトルトの離乳食です!
 
 
瓶のタイプやパウチタイプ、味のバリエーションもとても豊富にあります。

旅先に持って行くと必ず役立つこと間違いなしです!

私も出先では、レトルトタイプの離乳食をよく利用していたのですが、私が作る離乳食より、食いつきがよくて複雑な気持ちになった経験があります(笑)。
 
 
実際に味見したことがあるのですが、結構しっかり味がついていて、おいしいです!

 
 
・スティックタイプの粉ミルク

旅先など、普段と違う環境になると、なかなか食事が進まない子もいると思います。
 
 
そんな時のために、粉ミルクも用意しておくといいでしょう。

スティックタイプの粉ミルクなら、荷物もかさばらないですし、粉末の計量も不要なので便利です。

 
 
・食事用エプロン

離乳食を食べる際、必ず汚れますよね。

特に旅行では、着替えなどの荷物はなるべく少なく済ませたいかと思います。

ですから食事用のエプロンは持っていくことをおすすめします。
 
 
シリコン素材のエプロンであれば、コンパクトにまとまりますし、汚れたらサッと水洗いできるので便利です。

あとは使い捨てタイプのエプロンだと、使用後は捨てるだけなのでラクだと思います!

 
 
・ストローマグ

食事の際の水分補給は必須です。

ですから、普段使いなれているストローマグを持って行ってあげるといいかと思います。
 
 

・赤ちゃん用のお菓子

先ほどもお話ししましたが、赤ちゃんは環境の変化にとても敏感です。

そのため、いつもと違う場所や生活リズムで、離乳食を食べてくれない可能性もあります。
 
 
そんな時のために赤ちゃん用のお菓子や野菜ジュースなども用意しておくといいと思います。

 
 

まとめ

赤ちゃんを連れての旅行で困るのは、離乳食だと思います。

今回ご紹介したアイテムは用意しておくと、必ず役立つと思うので、是非参考にしてくださいね!

Sponsored Link