カーテンサイズ揃えるなら、レースカーテンと同時注文するべき!?

カーテンサイズ

引っ越しが決まると、用意しなくてはならないものの一つに

カーテンがあげられます。

部屋の中が丸見えになってしまったり、

光が眩しかったりするので、なるべく早く用意したいですよね。

そんなカーテンですが、サイズを測り間違えて

長さが足りなくなってしまった経験ありませんか?

そこで今回はカーテンのサイズの選び方などについて

お話ししていきたいと思います!
 
 

ライフスタイルによって異なるカーテンサイズの選び方!

カーテンのサイズを間違えてしまわないように

幅や高さを正しく測ることは重要なポイントです。

そして、窓の種類によって適切な長さもあるので、

順番にご紹介していきますね!

まずサイズの測り方ですが、カーテンの長さを正確に測るために

歪みやたるみができない金属製のメジャーを用意して下さい。

そしたらさっそく計測していきましょう!

まずはカーテンの幅ですが、

カーテンレールの左端から右端までの全長を測ります。

そしてその長さを1.05倍にしたものが

通常カーテンの横幅の長さになります。

レースカーテンも一緒に取り付ける際は、

横幅は通常カーテンと同じ長さでOKです。

カーテンのデザインが両開きの場合は、

測った長さを2で割ってください。

次にカーテンの高さの測り方です。

高さを測る際に、

メジャーをカーテンレールに引っかけたり、

カーテンレールの下から測ると、

取り付けたときに丈が短くなってしまいます。

ですから高さを測る場合は、

必ず固定ランナーのリングの下から測ってください!

そして掃き出し窓なら床面までを測り、

この長さから1㎝引いたものがカーテンの丈になります。

レースカーテンは裾からはみ出さないように、

さらに1㎝短いものを選びましょう。

ただ、光漏れや冷気や熱気の侵入を防ぎたい人は、

測った丈より1㎝長いものを選ぶと、床との隙間がなくなります。

腰高窓や高窓は、ランナーのリング下から窓枠の下までを測ります。

その長さに15〜20㎝足したものが適した長さです!

ですが、窓の下に棚を置いたりするのであれば、

インテリアに合わせて丈は調節してくださいね。

カーテンのサイズ選びは窓の大きさだけでなく、

素材によっても変わってきます。

遮光カーテンを取り付ける場合ですが、

遮光カーテンは光を遮るためのカーテンです。

そのため、通常カーテンと同じサイズだと

光が漏れてしまう可能性があります。

それでは遮光効果が弱ってしまうので、

少し大きめなサイズを選び

光が入りこまないようにしましょう。

次にカーテンには様々なデザインがあるように

使用されている生地も異なります。

レーヨンや綿、麻は洗濯をすると、

縮んでしまう可能性があります。

ですから縮みを考慮して、少し長めの丈を

選ぶことをおすすめします。

逆にポリエステルやアクリルは縮みにくので、

通常サイズで大丈夫です!
 
 

カーテンサイズ変更するかどうかのポイントは!?

今の住まいで使用しているカーテンを使えるのであれば、

引っ越し先でも使いたいと思う人もいるかと思います。

サイズを変更したほうがいいかどうかのポイントとしては

・丈が短くて、窓が見えてしまっている。

・丈が長過ぎて床にべったりついてしまっている。

この2つだと思います!

特に遮光カーテンを使用している場合は、

丈が短いと遮光効果がなくなってしまいます。

また、丈が長過ぎるカーテンは裾にホコリなどが

溜まりやすいです。

このようなカーテンはサイズが合っていないので、

買い直すことをおすすめします。
 
 

まとめ

カーテンのサイズ選びで失敗した経験が

ある人は意外と多いと思います。

私も過去にサイズ選びに失敗して、

買い直した経験があります。

失敗しないためには、

しっかり寸法を測ることが大切です!

今回ご紹介した測り方を

是非参考にしてみてください。

Sponsored Link