赤ちゃんの夜泣きっていつまで続くもの?治まるまでの平均年齢は?

夜泣きいつまで

何をしても泣き止まない夜泣きに悩まされているママも多いのではないでしょうか。

たまにならまだいいとしても、それが毎晩続いてしまうと、いくら可愛い我が子でも、寝不足でイライラしてしまったり、ぐったりしてしまいますよね。
 
 
そんな夜泣きには、様々な要因となる原因が考えられます。

そこで今回は、夜泣きの原因などについてお話ししていきたいと思います!
 
 

新生児の夜泣きの理由で一番多いのはどれ?

夜泣きの理由

夜泣きは生後3カ月頃から始まる子が多く、この時期がピークといわれています。

その後は、徐々に回数が減っていき、生後6カ月から1歳頃におさまる赤ちゃんが多いようです。
 
 
ただこれはあくまでも平均であって、夜泣きには個人差があります。

毎日夜泣きが続く子もいれば、まったく夜泣きをしない子もいます。
 
 
また、1歳を過ぎても夜泣きがおさまらない子もいれば、1歳を過ぎてから夜泣きが始まる子がいたりと、本当にバラバラです。
 
 
そもそもなぜ赤ちゃんは夜泣きをしてしまうのでしょう。

実は赤ちゃんの夜泣きの原因は解明されていません。
 
 
ですが、夜泣きにつながるものとして考えられる要因はいくつかあります。

その中でも、

「お腹がすいている」

「オムツが濡れている」

この2つが多いとされています。
 
 
このような場合は、ミルクや授乳をしたり、オムツをキレイにしてあげれば、不快要素は取り除くことができます。
 
 
しかしミルクも飲まない、オムツも汚れていないのに泣き止まない、そんな時は日中の過ごし方に原因が潜んでいるかもしれません。
 
 
赤ちゃんは環境の変化にとても敏感です。

そのため、いつもと違う環境や生活リズムが赤ちゃんにとってはストレスになってしまうのです。
 
 
昼間寝すぎてしまった、眠れなかったなどの生活リズムの乱れや、外出した時に極端に寒かったり暑かったりといった気温の変化や、旅行に行ったり、実家に遊びに行ったりといつもと違う環境も、赤ちゃんにとってはストレスになってしまう場合があります。
 
 
これらのストレスが興奮材料となって、夜泣きを引き起こす原因につながると考えられます。

 
 

新生児の夜泣きを無視すると酷くなる?

新生児の夜泣き

赤ちゃんの夜泣きを無視すると聞くと、一見かわいそうに思う人も多いと思います。

ですが、この「放置」が夜泣きに効果的なんです!
 
 
赤ちゃんが泣き出したら、すぐ抱き上げるのではなく、まずは様子をみます。

そして泣き止まなければ、側に行って眠りにつくまで声をかけてあげたり、トントンしたりしてあげてください。
 
 
そうすることで、赤ちゃんは自分の力で眠れるようになっていきます。

つまり、ここでいう放置は、見守る意味での放置です。
 
 
夜泣きは睡眠サイクルを整えるための成長過程の一つといわれています。

この睡眠サイクルが備わってくることで、夜は寝るという認識ができるようになるのです。
 
 
すると夜起きることがなくなり、夜泣きもしなくなることにつながります。

そのためには、自力で寝ることを身につけてあげる必要があり、赤ちゃんをサポートする方法の一つとして放置するのが効果的なのです。
 
 
ですからパパにも協力してもらって、夜中泣きだしても、まずは何もせず見守ってみてください!

 
 

まとめ

目に入れても痛くないほど可愛い我が子、寝顔はまさに天使ですよね。

ですがいくら可愛いといえど、夜泣きはツラいもの。
 
 
いくら寝不足で疲れていても、子育ては休みなんてありません。

そうなると、ママの心や身体は疲れきってしまい、悪循環になってしまいます。
 
 
それを防ぐためにも、夜泣きを軽減できるに越したことはありません。

今、赤ちゃんの原因不明の夜泣きで悩まされている人は、今回ご紹介した見守る放置を試してみてください。

Sponsored Link